椋尾凱郎(ムクオカツロウ)バリトン歌手 公式webサイト

CD/DVD information

CD information


歌曲とイタリアオペラアリアバス・バリトンアンソロジー歌曲とイタリアオペラアリアバス・バリトンアンソロジー歌曲とイタリアオペラアリアバス・バリトンアンソロジー
歌曲とイタリアオペラアリア BassーBaritona アンソロジー
歌曲とイタリアオペラアリアバス・バリトンアンソロジー CD販売価格:3,000円(税込)

椋尾凱郎氏の声楽家としての特長は、何を措いてもまずは低音の魅力にあるといえるのではないだろうか。日本人のなかには、いや世界的にみても男声の低音を危なげなくたっぷりと楽しませてくれる歌手はさほど多くはないなかで、椋尾氏は数少ないバス-バリトンの豊かな声量を持つ一人として歩んできた。椋尾氏は武蔵野音楽大学在学中から声の素質が注目されていたといわれ、卒業後すぐに各地で演奏活動を展開したが、より本格的なステージで歌唱を燃焼させるようになったのは、イタリア留学から帰国した後の1980年代からではないか。その後はリサイタルをたびたび開催しており、コンサートにも数多く出演。貴重な人材であるにもかかわらずオペラへの出演が少ないのは、おそらくはその間の日本のオペラ・声楽界固有の事情ゆえのことかもしれない。
【音楽評論家、関根礼子氏「CDライナーノート」より】


声量に恵まれ満身を込めての熱唱に好感をいだく。暗い情念の渦巻きや、押さえきれない激情を波打たせる歌いまわしなど最も優れた適正が感じられた。
【音楽之友社『音楽芸術』誌より】


荘子は「神の声<心斎>を聴くときは耳をもってではなく、心をもってせよ、心をもってではなく、息をもってせよ」(人間世)と述べた。私は彼の声に耳を傾けながら、プシュケーの発する声の「根源的形象世界」munudus imaginalisというものを思いを致すのである。
【(元)名古屋大学教授・桂芳樹氏「CDライナーノート」より】

※写真をクリックすると拡大されます。

イタリア古典.近代歌曲とモーツアルト:演奏会用アリアイタリア古典.近代歌曲とモーツアルト:演奏会用アリアイタリア古典.近代歌曲とモーツアルト:演奏会用アリア
イタリア古典,近代歌曲とモーツァルト演奏会用アリア
イタリア古典.近代歌曲とモーツアルト:演奏会用アリア(全25曲2枚組) CD販売価格:3,800円(税込)

劇的な緊迫感は天賦のものなのだろう、アリアだけではく、レチタティーヴォからも原語ながら、十分演劇的な面白さが伝わってくる。モーツアルト:コンサート・アリア、クリスティーネ王が暗殺犯(実は息子)に親愛を感じるレチタティーヴォでは、名状しがたい心理が、”王自身にも把握できない”探るような、声から伝わってくる。名状しがたい心理や人間らしい迷いなど、リアルティのある情感描写が声となって現れる歌手である。
【音楽之友社(音楽の友誌より)】

「…心理の表出が浮彫りにされる名唱であった。声と表情がうまく生きている。レスピーギが秀逸、歌唱の中に近代感覚があり、詩の表現力がよい…。」
【現代芸術社(音楽現代誌より)】

※写真をクリックすると拡大されます。

イタリアバロック・浪漫・近代歌曲オペラアリアの夕べイタリアバロック・浪漫・近代歌曲オペラアリアの夕べイタリア歌曲<古典・ロマン・近代>とオペラアリアの夕べイタリア歌曲<古典・ロマン・近代>とオペラアリアの夕べ
イタリアバロック・浪漫・近代歌曲オペラアリアの夕べイタリア歌曲<古典・ロマン・近代>とオペラアリアの夕べ


イタリア「浪漫・近代」日本歌曲&オペラアリアの夕べイタリア「浪漫・近代」日本歌曲&オペラアリアの夕べ
イタリア「浪漫・近代」日本歌曲&オペラアリアの夕べ



DVD information


イタリアバロック・浪漫・近代歌曲とオペラアリアの夕べイタリアバロック・浪漫・近代歌曲とオペラアリアの夕べ
イタリアバロック・浪漫・近代歌曲とオペラアリアの夕べ




画像の説明

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional